troll

東村山にある絵本屋、トロルのこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脳に影響?副作用!?

ちいさい おおきい よわい つよい No.80
今回の特集Ⅰは
「こどもの薬で見逃せないこと」
特集Ⅱは
「離婚、それでもママはあなたが大事」

どちらも大事なことだけど
考えるのが億劫になってしまうこと…。
わかりやすい文章で
一緒に考える一冊です。

【「ちいさい おおきい よわい つよい No.80」(ジャパンマシニスト社)¥1,260(税込)】
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 16:29:16|
  2. 新刊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇腹絵本。

木がずらり&魚がすいすい
ご夫婦で活躍されている
ツペラツペラさんの絵本が
復刊されました!

【『木がずらり』『魚がすいすい』tupera tupera 著 (ブロンズ新社)各¥1,470(税込)】木がずらり&魚がすいすい(中身)
ぐっすり
のっそり
ばっさり

文章はすべてオノマトペ。(擬態・擬音語)
やっぱり、関西出身のお二人だから…? [蛇腹絵本。]の続きを読む
  1. 2011/02/22(火) 14:28:51|
  2. 新刊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちいさいけれど。

うずらのうーちゃんの話
幼稚園からもらってきた
うずらのうーちゃん。
男の子はせっせと
うーちゃんのせわをします。

ある日、うーちゃんを
庭にはなしていると
へんな音がしました。
ネコとたたかって、足が一本とれてしまったのです…。

ちいさいけれど、たくましい
うーちゃんと男の子のお話です。

【『うずらのうーちゃんの話』 かつやかおり作 (福音館書店)¥1,260(税込)】


うずらのうーちゃんの話(中身)
  1. 2011/02/17(木) 16:16:33|
  2. 新刊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスのおひなさま。

ガラスのおひなさま
まだ、少し雪が残っていますが
もうすぐ、ひなまつり。

ちなみに、私の田舎(香川県仁尾町)では
3月3日にお城が攻められ落城したので
お雛祭りは5月5日の端午の節句に
一緒にお祝いします。。。
全部飾ると、迫力あります!!

  1. 2011/02/16(水) 16:45:59|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目に注目~!

南国ゆきだるま
昨日の夕方から、降り積もった雪。
今日は暖かくなり、ずんずん溶けてしまいました。。。

つぶらな、ゆきだるまの目は
指にはめて使う「アイパペット」
妙にかわいい。
なんだか、なつかしい顔だと思ったら
角野栄子さんの絵本、おばけのアッチに似てる!
アイパペット
いろんな指にはめて、ふしぎな生き物を
作ってみよう!

【「アイパペット」全4色 ¥200(税込)】
  1. 2011/02/15(火) 16:37:48|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バシャザブーン!!

あらうよ バシャジャブーン
もうふがふわふわ にげだした
シーツがばたばた とんでった
まくらもぴょんぴょん はねながら
ぼくからにげて いっちゃった!

かおもあらわない よごれんぼうの
男の子から みんな逃げていきます!

文章はとてもリズミカルで
歌うように読める絵本です。

【『あらうよ ジャバジャブーン』 K.チェコフスキー・作 G.アレクサンドロヴァ・絵 田中潔・訳(偕成社)¥1,470(税込)】あらうよ バシャジャブーン(中身)
  1. 2011/02/12(土) 15:40:30|
  2. 新刊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原初の森に生きる人々。

ヤノマミ
奥アマゾンで1万年にわたり独自の文化と
風習を守り続ける人々、ヤノマミ。

森で産まれ、森を食べ、森に食べられる。
彼らは、ただそれだけの存在として
森の中に在った。

人間とはなにか。
価値観を揺るがす一冊です。

【『ヤノマミ』 国分拓 著 (NKH出版)¥1,785(税込)/ DVD「ヤノマミ」¥3,990(税込)】
  1. 2011/02/10(木) 16:12:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

いきなり2月号!!

トロル通信
トロル通信2月号できました~。
お店においてあります。。。

トロル通信
  1. 2011/02/04(金) 16:34:38|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいしいけれど…。

ぶた にく
ぶたの命のサイクルは、人間が作ったもの。
ぶたは、かわいい。
けれどやっぱりおいしい生き物。

毎日6万頭のぶたが肉になっている。
母ぶたから生まれ、大きく育ち
肉へと加工されるまでを写した
ドキュメンタリー写真絵本です。

【「にく ぶた」 大西暢夫 写真・文 (幻冬舎)¥1,680(税込)】ぶた にく(中身)
ぶたが食べる残飯。
その中には、豚肉もまじっている。 [おいしいけれど…。]の続きを読む
  1. 2011/02/02(水) 13:50:06|
  2. 絵本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。